令和2年度 近畿整備局・日本技術士会近畿本部 意見交換会にて

  今年度の近畿地方整備局と日本技術士会近畿本部意見交換会では、
「働き方改革」をテーマ にソーシャルディスタンシングのもと対面形式にて開催いたしました。
当会からの情報提供として、建設産業に適用可能と思われる他産業の働き方改革事例紹介 を行ないましたが、
建設以外の部門から有用かつ建設産業に適用可能な事例抽出は、
委員の 粘り強い忍耐力を伴う議論から実現したものです。

写真l 会場の様子

テーマ『働き方改革』
・新型コロナウイルス感染症拡大による技術者の働き方の変化 ・建設業の時間外労働の上限規制適用(2024年4月1 日)までに実施すべき生産性向上のための取組(他 産業の有効事例) ・働き方改革をふまえた技術者のキャリア形成など

出席者
・近畿地方整備局7名 技術調整管理官、技術開発調整官、総括技術検査 官、
   防災情報調整官、技術監理課長、建設専門官 基準第二係長
・日本技術士会近畿本部12名
  名誉本部長福岡悟(建設/総監)
  副本部長                     河野千代(建設)
  副本部長                     天野武日古(上下水道)
  地域連携強化委員会委員 薮内生死(建設/総監)
  応用理学部会幹事         太田英将(応用理学/建設/森林/総監)
  電気電子部会幹事         北村康一(電気電子/総監) 
  化学部会部会長            伊藤雄二(化学)
  繊維部会副部会長         釜谷彰郎(繊維)
  上下水道部会幹事         三品文雄(上下水道)
  情報工学部会幹事         本多利行(情報工学)
  経営工学部会幹事         寺嶋裕文(経営工学)
  電気電子部会幹事         黒田憲二(電気電子/総監)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です